現役看護師がおすすめするプチギフト5選≫≫

【雛人形ってどれを買えばいいの?】選ぶ際のポイント5つをご紹介

こんにちは!ここあ(@cocoa_blog0714)です♪

先日立春を迎えたので、娘の雛人形を飾りました。

ここあ

今年も頑張って出したよ‼︎

雛人形って種類も色々、値段も安いものから高いものまでありどれを購入すれば良いか悩みますよね…

わたしも去年はネットで調べたりおもちゃ屋さんに行ったり、近くの人形工房4件まわったりとめちゃめちゃ悩みました。

\雛人形どれを買ったらいいかわからないー!/

って方は我が家が選ぶ際に注目したポイント5つを記載したので、是非チェックしてみてください♪

目次

雛人形の種類を選ぼう

シンプルで飾りやすい「親王飾り」

引用:久月 公式HP

「お殿様」「お姫様」の2つの人形が1つのペアになった雛人形です。

親王飾りはコンパクトなものが多く、大きさも好みのものを選びやすいです。

玄関の靴箱の上やリビングの収納棚の上など、飾る場所を選びやすいのがいいですね♪

お片付けラクラク「収納飾り」

我が家は

出しやすく、しまいやすい

を重視したのでこちらの収納飾りにしました。

人形や小物が全て台の中に収納できるので、保管もしやすいです。

小さい子のいたずら防止に「ケース飾り」

引用:久月 公式HP

今年は店頭にケース飾りのものが多く並んでいた印象です。

小さいお子様やペットがいるご家庭ですと、どうしてもイタズラされちゃいますよね。

イタズラ防止にはもってこいです!

埃がかぶらないのもいいですね♪

豪華で華やか「段飾り」

引用:久月 公式HP

「五人囃子」や「三人官女」もいて豪華で見栄えが良いですね☆

実家の雛人形は7段飾りでしたが、飾り付けや片付けが大変で母が苦労していたのを覚えています。

立ち姿が美しい「立ち雛」

引用:久月 公式HP

立ち雛ってあまり一般的ではないですが、スタイリッシュな感じが私は好みです♡︎

おしゃれなお家に置いてあるイメージ(←勝手な想像ですが…)

予算を決めよう

雛人形は大きさや作り方、衣装・小物類でお値段が大きく変わってきます。

価格相場

親王飾り6万円〜20万円
収納飾り8万円〜20万円
ケース飾り6万円〜15万円
段飾り9万円〜100万円
立ち雛8万円〜20万円

段飾りは三段、七段と段数にも種類があるため価格相場の幅が広いですね!

我が家は収納飾りを購入したのですが、値段は10万円ちょいだったと思います。

値段が高いから良い、安いから悪いではありません。

お雛様を飾ることは、お子様の健やかな成長を願うことが目的です

ご家庭に合わせた予算を決めておきましょう。

お顔を選ぼう

我が家の雛人形を選んだポイント⇩

  • 髪の生え際や眉、まつ毛が一本一本丁寧に書かれていた
  • 下がり眉、おちょぼ口が可愛く優しいお顔であった

人形によって表情が全く異なってくるため、お子様が気に入りそうなお顔を選びましょう♪

手を見てみよう

我が家で一番の決め手となった部分が「手」です。

職人さんが丁寧に彫って爪に色付けをしてある手。

ふっくらとしており、より人間らしいですね♩

棒みたいに細ーい手をしている人形もあるので、是非注目してみてください。

衣装を選ぼう

お雛様の衣装に目が行きがちですが、是非お内裏様の衣装も見てみてください。

我が家は二人が並んだ時のバランスをみて、選びました!

十二単衣ももちろん好きなのですが、お内裏様の淡い緑色の衣装も気に入っています♡︎

まとめ

我が家が雛人形を選んだ際のポイント5つを紹介してみました♪

お子様にとって素敵なお人形が見つかりますように…☆

最後までお読みいただきありがとうございました。

参考になれば嬉しいです♥︎

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる